サステナビリティサステナビリティトップへ

水資源

 

基本的な考え方・方針

ユニ・チャームが提供する商品の多くは衛生的な日常生活に欠かせない消費財であり、資源の利用や廃棄物発生など地球環境と密接に関係しています。また、当社は世界中でよりよい商品を提供するためにアジアを中心としてグローバル展開を進めており、環境負荷低減の役割や責任が年々拡大しています。

水利用については、生産拠点の地域ごとの状況を理解して限りある資源を有効活用する必要があると考えています。また、使用量自体も1%削減するための活動を推進しています。

水資源におけるリスクと機会

森林由来資源(紙・パルプ等)の、水源枯渇からくる供給不安定化による操業低下を当社のリスクと捉えています。2017年に世界資源研究所(WRI)のツール アキダクト(Aqueduct Overall Water Risk map)を使用して中長期的な水リスクアセスメントを行い、特にリスクの高い河川流域で操業するサプライヤーに対して水資源管理を徹底しリスクの低減に努めています。

一方、当社商品は使用時や廃棄において水を使用しない点は機会であると考えており、ライフラインの整っていない渇水地域や被災地では当社の商品の強みが発揮されます。このような場面に積極的な関与をすることで購入を促す活動を推進していきます。

マネジメント体制

当社は年4回、社長執行役員を委員長としたCSR委員会にて環境活動、品質課題、社会的課題やガバナンス上の重点課題について計画と進捗を共有しています。具体的な計画については、2017年8月に提言されたTCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)の提言に基づき「Eco Plan 2020」をベースとして報告を行っています。

アキダクトによる水リスクの状況把握と対応

当社の水使用の状況は、自社工程としては①吸収体を構成するティッシュの製造部門で約60%(当工程においては90%の水循環を達成)、②ペットフード生産部門で約25%、その他の拠点については冷却水としての使用となっています(いずれも国内)。
上記拠点については渇水による操業低下は過去20年発生していません。サプライチェーン全体でのLCA(Life Cycle Assessment)分析では原料調達の水利用が多くなっています。

これらの事業を継続する上での水資源の利用状態を地域と連携して把握することが重要であると認識しています。今後も、現状のリスク評価および将来のリスク調査の観点よりアキダクトを使用して中長期的な水リスク分析と対応を進めていきます。

2017年の分析結果では、現状における水リスクは中〜高(2〜3)、または低〜中(1〜2)でした。また2030年以後における水ストレスは非常に高い可能性が示されました。

【日本】水使用量の削減

2017年度に比べて微増しましたが、削減活動の成果が出て生産量の増加より低い伸びに抑えることができました。

水質・土壌汚染・悪臭

水質は定期的に自主基準・法規制への適合を評価しています。2018年は自主基準・法規制とも違反は発生していません。また、土壌汚染、悪臭につながる事故も発生していません。

BOD、CODの発生量についてはサイトデータで詳細報告しています。

排水および水消費について

当社は、行政の定める排水処理基準を満たすために水質改善を目的とした三次処理を行い排水しています(各拠点の水質については、サイトデータに記載)。
排水量の計測は一部拠点であり、全体の報告として取水量=排水量+消費量+製品消費(GRI303-4および5)としています。排水は主にティッシュ製造工程とペットフード製造工程で発生しています。水消費については紙砂®製造工程と各工場冷却水の蒸発によるものです。

ユニ・チャームグループ全体での2018年の排水および蒸発は4.05百万tonでした。

「CDPウォーター」はC評価

CDPウォーターに対する取り組みに賛同し、FTSEジャパンインデックスに該当する企業を基本に選定した調査に協力しています。2018年はCの評価を得ました。これは当社全体の水に対するマネジメントの取り組みの評価です。この評価から課題を明確にして、今後もより一層水資源に配慮した活動を推進していきます。

 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm