サステナビリティサステナビリティトップへ

ユニ・チャームグループのCSR

 

基本的な考え方・方針

ユニ・チャームグループのCSRの考え方

ユニ・チャームの企業理念は「NOLA&DOLA (Necessity of Life with Activities & Dreams of Life with Activities)」です。この企業理念「NOLA&DOLA」には、「赤ちゃんからお年寄りまで、生活者がさまざまな負担から解放されるよう、心と体をやさしくサポートする商品を提供し、一人ひとりの夢を叶えたい」という想いを込めています。この企業理念を事業を通じて実現し、社会課題の解決に貢献することこそが私たちのCSRであると考えています。この考えをより実効性のあるものにするため、ユニ・チャームのCSR重要テーマおよびKPIを定めて取り組んでいます。

ユニ・チャームグループの価値創造プロセス
環境テーマ
  • 水資源の利用
  • 排水処理・管理状況
  • 包装材の削減・リサイクル
  • 気候変動への対応
  • サプライヤーとのCO2削減目標
  • SDGsとの相関
  • 環境目標の開示
  • 廃棄物の増加・リサイクルの対応
  • 持続可能な原料調達
  • 有害物質の適正管理
  • VOCガス排出
  • カーボンフットプリント表示
  • 廃棄物の適法処理
  • 環境配慮型商品率
  • サイエンスベースターゲットのシナリオ
  • サプライヤー選定や評価結果
  • サプライヤーとの協働
  • 推進体制とガバナンス
  • 工場立地の環境影響調査
  • IUCN レッドリストの生物種保護・復元
  • NOx・SOxの排出量
  • 環境法規制の遵守
  • 非財務情報の精度
  • 第三者認証の比率
  • 再生エネルギー目標
社会性テーマ
  • 人権の尊重
  • CSR調達の推進
  • 多様性の尊重
  • ワーク・ライフ・バランス
  • 商品の品質向上・安全性確保
  • 顧客との適切なコミュニケーション
  • ユニバーサル・デザインの推進
  • 顧客情報・プライバシーの保護
  • 健康寿命の延伸
  • 女性活躍推進
  • 地域コミュニティへの貢献
  • 良好な労使関係の構築・維持
  • 労働安全衛生の徹底
  • 腐敗防止の徹底
  • 公正な競争の促進
  • 適切な労働条件・労働環境の整備
  • 人材育成
  • 知的財産の保護
 
環境マテリアリティに関するダイアログ
人権方針策定におけるダイアログ
  1. 1.健康寿命の延伸
  2. 2.女性の自立支援および衛生改善
  3. 3.地球環境への貢献
  4. 4.地域社会への貢献・人間尊重
  5. 5.組織基盤の強化と公正な事業慣行

当社のCSR重要テーマをより実効性のあるものにするため、ステークホルダー視点を入れながらKPIを策定しています。

ステークホルダーとのコミュニケーションを通じて

ユニ・チャームは、ユニ・チャームグループのCSR重要テーマおよび取り組み指標(KPI)について、幅広い観点から客観的に評価をいただくために、ロイドレジスタージャパン株式会社の冨田秀実氏にご意見をいただきました。ご指摘いただきました内容は、今後の取り組み改善に活かしていきます。

ロイドレジスタージャパン株式会社
取締役
冨田 秀実 氏

貴社のCSR重要テーマおよび取り組み指標(KPI)を拝見すると、企業として果たさなければならない基本的なものは網羅されています。一方で、貴社にとって大切なことは何であるのかを中長期スパンで考え、事業に紐づいたものに絞ることで貴社らしいマテリアリティになるのではないでしょうか。ユニ・チャームの事業を見たときに、最も重要な社会課題になりそうなものは資源だと思います。それに気づいているからこそ、志布志市で使用済み紙おむつのリサイクル化に取り組んでおられると思います。エネルギー使用量のKPIも重要ですが、資源循環を重点として本質的な取り組みにつながるKPIを策定されることが、ユニ・チャームならではの社会課題解決テーマになると思います。

さらなるインパクトが期待されるのは、貴社が行っている初潮教育ではないでしょうか。世界には、生理に関する理解がまだない地域もたくさんあると思います。そのような国・地域にさらに初潮教育を広め、事業を通じて貢献することで、より継続的な取り組みにつながるサイクルをつくることが期待できます。これらのシンボリックな取り組みをマテリアリティとして位置づけ活動を進めることで、SDGsの目指すものに近づくのではないでしょうか。企業として求められることを網羅的にやっていくことも大切ですが、ユニ・チャームらしい社会インパクトのある取り組みに期待します。

ユニ・チャームグループのCSR重要テーマと取り組み指標(KPI)
重要テーマ/
関連SDGs目標
取り組み項目 取り組み指標 2018年目標 2018年実績 2019年目標 バウンダリー
健康寿命の延伸
超高齢社会への貢献 認知症予防啓発 ライフリーソーシャル・ウォーキング体験会参加 700名 ライフリーソーシャル・ウォーキング体験会参加 794名 ライフリーソーシャル・ウォーキング体験会参加1,300名 社外
“尿もれケア・排泄ケア”セミナー参加者数(累計) 14,000名 15,824名 18,000名 社外
人とペットの共生社会構築 アニマルセラピー ~人と動物のふれあい活動(CAPP)~支援 効果検証 高齢者介護施設で合計4回効果検証実施 効果検証
6回予定
社外
高齢犬の介護に対する新しい考え方啓発 獣医師・動物看護師啓発 動物病院スタッフ対象講座
80名参加
動物病院スタッフ対象講座
160名参加
社外
保護犬・保護猫に関する支援 構想検討 パートナー確定 消費者キャンペーン等を活用した啓発 社外
女性の自立支援および衛生改善
女性の自立支援 初潮教育支援(国内外) 200,000名 288,663名 283,850名 社外
女性の健康維持 乳がん早期発見への取り組み ソフィピンクリボン活動認知率20% ソフィピンクリボン活動認知率23.7% ソフィピンクリボン活動認知率26% 社外
女性社員乳がん検診率90%以上 女性社員乳がん検診率94.9% 女性社員乳がん検診率95%以上 社内
女性と子どもの健康・衛生環境の向上 妊婦さんへのサポート 新興国の母子健康手帳普及に協力 母子健康手帳普及に協力(ベトナム、タイ) 新興国の母子健康手帳普及に協力 社外
子どもの健康・衛生環境の向上 低出生体重児への支援 NICU環境改善
(日本)
小さないのち応援プロジェクトへの寄付 小さないのち応援プロジェクトへの寄付 社外
NICU環境改善
(海外)
世界7カ国のNICUで当社低体重児専用紙おむつお取扱い 世界9カ国のNICUで当社低体重児専用紙おむつお取扱い 社外
地球環境への貢献
エコプラン2020 使用済み紙おむつの再資源化 循環モデル確立 循環モデル確立 循環モデル運用開始 社内外
紙・パルプ調達先第三者認証比率(日本) 95% 95% 97% 社内外
紙・パルプ調達先第三者認証比率(海外) 90% 90% 92% 社内外
環境配慮型商品比率(日本) 83% 86% 93% 社内外
エコチャーミングマーク商品比率(日本) 60% 66% 60% 社内外
環境負荷低減への取り組み エネルギー使用量(GJ)/売上高(百万円)原単位 10.65GJ
(IFRS基準)
10.65GJ
(IFRS基準)
10.60GJ
(IFRS基準)
社内外
資源環境 国内主要3拠点リサイクル率 99% 99% 99% 社内外
地域社会への貢献・人間尊重
ダイバーシティ&インクルージョン 障がい者雇用率 2.0% 2.13% 2.3% 社内
定年再雇用率 80% 89.4% 90% 社内
女性管理職比率(国内) 12% 13.3% 14% 社内
働きやすい職場づくり 仕事のやりがい(5段階評価の平均) 4.03点 4.05点 4.10点 社内
仕事の満足度(5段階評価の平均) 4.10点 4.10点 4.15点 社内
社員の健康保持増進 メンタルヘルスケア、生活習慣改善教育実施率(対象者) 100% 100% 100% 社内
被災地継続支援活動 スーパークールビズ/ウォームビズ参加人数 2,000名 2,705名 2,000名 社内外
健康・衛生環境の向上 衛生環境維持の周知 災害に備える衛生用品
情報サイト構築
災害に備える衛生用品情報サイト制作 災害に備える衛生用品情報サイト公開 社外
組織基盤の強化と公正な事業慣行
コーポレート・ガバナンス 女性役員数 0名 1名以上 社内
サプライヤーとの公平・公正な取り引きの実践 サプライヤー評価実施率(対象企業) 100% 100% 100% 社外
製品安全性確保 資材・製品安全性問題発生件数 0件 0件 0件 社外
顧客満足の向上 お客様からのお問合せに対する満足度 92.0% 87.9% 90% 社外
マネジメントからのメッセージ
ユニ・チャーム株式会社
取締役 副社長執行役員 CQO(Chief Quality Officer)
ユニ・チャームプロダクツ株式会社
代表取締役社長執行役員
石川 英二

私たちは、企業理念に「NOLA & DOLA」を掲げ、全ての人々が自立と相互扶助によって輝き続けられる「共生社会」の実現を目指して、社会課題の解決に貢献する事業活動を推進しています。そのために独自の不織布・吸収体の加工成型技術の研鑽に注力し、よりよい商品とサービスの創造に取り組んでいます。

社会には課題が山積し、それらを包括的に克服し次世代を創造することが求められています。持続可能な開発目標(SDGs)の17のゴールと169のターゲットを通じ、経済的価値と社会的価値を両立させていく活動が必要と考えています。

国内においては、超高齢社会が進行する中、健康寿命を延ばす新たな取り組みとして排泄ケア講座を自治体などと連携して開催し、介護予防の重要性と適切な排泄ケアを啓発してきました。また、認知症予防プログラム「ソーシャル・ウォーキング®」を提唱し、閉じこもりゼロを目指す活動を地域や自治体と共同で推進しています。海外においてはミャンマー初となる初潮教育プログラムの導入・定着や、サウジアラビアにおける工場や事業所で女性の雇用拡大などを推進し、事業を通じた女性の社会進出を後押ししています。

これらの取り組みに加えて、中期的な環境への取り組みの指針であるEco Plan 2020を制定し①廃棄物の削減、②持続可能な原料調達、③気候変動への対策、④使用済み紙おむつリサイクルを推進してきました。また、サスティナブル調達ガイドラインの制定や人権方針などを策定しその運用を開始しました。今後は当社からサプライチェーンまでその領域を広げ、「共生社会」を実現するESG経営を推進していきます。

マネジメント体制

CSR推進体制

当社では、ステークホルダーの期待に応えるCSR活動を具現化し、円滑に推進するための体制を構築しています。社長執行役員を委員長とした全社横断の推進組織となる「CSR委員会」を年4回開催し、CSRに関わる活動の共有を行い、経営に活かしています。

ユニ・チャームグループのCSR推進体制
CSR委員会における主な取り組みテーマと分類
ISO26000
中核主題
組織統治・人権・労働慣行・環境・公正な事業慣行・消費者課題・コミュニティ参画および開発
主な取り組みテーマ
E
  • 気候変動/GHG・エネルギー使用管理・気候変動リスク
  • 水資源/水使用・水使用量削減
  • 汚染と資源/廃棄物・資源使用・リサイクル
  • サプライチェーン/サプライヤー方針・環境問題・持続可能なパーム油調達
  • 生物多様性
  • 環境配慮型商品の開発
S
  • 労働基準/児童労働・強制労働・差別禁止・結社の自由・団体交渉権・最低賃金・ハラスメント
  • 健康・安全
  • 人権/デュー・ディリジェンス・子どもの権利・児童労働・地域雇用・苦情処理
  • 社会/コミュニティ投資・社会貢献活動
  • 顧客に対する責任/責任ある広告とマーケティング・顧客満足
  • サプライチェーン/児童労働・強制労働・差別禁止・結社の自由・団体交渉権・最低賃金・健康安全・デュー・ディリジェンス・能力開発
  • 商品品質・商品安全
G
  • 腐敗防止/贈収賄・インサイダー取引・内部通報制度・教育・リスク評価
  • コーポレート・ガバナンス
  • 全社的なリスクマネジメント(環境・社会・コーポレート・ガバナンス)
  • コンプライアンス
  • 税の透明性

参考にしているフレームワーク

当社は、グローバルで事業展開する上で、さまざまな国際的なガイドラインを参考にし、ステークホルダーの声を意識しながら事業活動を行っています。また、国連が提唱する「国連グローバル・コンパクト」の10原則を支持し、2006年5月から参加しています。

ステークホルダーとのコミュニケーション

当社は、“信念と誓い”と企業行動原則で、お客様・株主・お取引先・社員・社会から信頼される誠実な企業活動を行うことを誓い、さまざまな機会を通じて、ステークホルダーの皆様と双方向のコミュニケーションを行っています。

ステークホルダーとのコミュニケーション
コミュニケーション方針(信念と誓い) 主なコミュニケーション方法 対話のテーマ例
お客様 私たちは、常に全力で尽くし続けることによって、No.1のご支持を頂くことを誓います。 お客様相談窓口
グループインタビュー
モニター調査
展示会・イベント
商品に関する品質・安全・機能
商品・サービスに関するご意見と対応
株主 私たちは、業界一級の利益還元を、実現することを誓います。 株主総会
決算説明会
海外IRツアー
決算概要説明
健全な企業経営
お取引先 私たちは、公平で公正な関係を保つことによって、お互いの健全な成長の実現を誓います。 品質方針説明会
新商品発表会
展示会・イベント
監査
サプライチェーンマネジメント
品質、安全、環境
社員 私たちは、ひとりひとりに自信と誇りを提供し、社員及びその家族の幸福を実現することを誓います。 労使協議
社員意識調査
社員相談窓口
家族工場参観日
社内イントラネット・社内報
待遇、健康
仕事のやりがい、満足度
多様性を尊重する制度や活用事例の紹介
社会 私たちは、全ての企業活動を通じて、そこに携わるひとびと、及び社会全体の、経済的かつ精神的充足に貢献することを誓います。 自治体との協定
行政、NGO/NPO団体との協働
新興国
業界団体での活動
災害支援
排泄ケア講座、ソーシャル・ウォーキング運営
保健衛生、現地雇用
日衛連協議会、花粉問題対策事業者協議会
 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm