サステナビリティサステナビリティトップへ

2019年7月22日

森をまもる大切さを伝えるキャンペーン

「FSC®フォレストウィーク2019」に協賛

 

 

 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、国際的な森林認証制度FSC(Forest Stewardship Council®)の普及啓発を行うFSCジャパン(特定非営利活動法人日本森林管理協議会)に協力し、2019年7月20 日(土)~9月30日(月) に開催される、森をまもる大切さを伝える啓発キャンペーン「FSC®フォレストウィーク2019」に協賛しています。

 

 

 

■「FSC フォレストウィーク」とは

 「FSCフォレストウィーク」とは、FSCジャパンが実施している FSC認証普及啓発キャンペーンです。森林破壊問題の解決に向け、消費者や企業に対して、「FSC認証製品を選ぶ」という誰もが参加可能な森林保全の手段を普及することを目的とし、本年で4回目の実施となります。森の恵みを大切に使いながら、森を守るために必要なこと、それが、FSCマークの製品を選ぶことです。それだけで、今まで通りの生活をしながら、気軽に、無理なく、 森の豊かな恵みを未来へつなげることが出来ます。また、FSCマークの製品を選ぶことは、2016年から2030年までの国際目標であるSDGs(持続可能な開発目標)の目標15「陸の豊かさも守ろう」、目標12「つくる責任つかう責任」などの目標達成にも貢献できます。

 

 

■「FSC®フォレストウィーク2019」概要

主    催:FSCジャパン(特定非営利活動法人日本森林管理協議会)

期    間:2019年7月20日(土)~9月30日(月)

協賛内容:

・FSC #HALIPUU キャンペーン期間中に、FSCの活動に賛同し、森を大切にしたいという想いを込めて「大切な人と⼀緒に木をハグした写真」を、『#HALIPUU』をつけて投稿するSNS上のキャンペーン

・FSC認証材に関する取り組みを紹介したパネル展示 8月30日(金)・31日(土)

イオンモール幕張新都心 グランドモール1階 グランドコート

*詳細はキャンペーン特設サイトURL: https://forestweek.netをご覧ください。

 

 ユニ・チャームは、今後も環境や社会に配慮して生産され、認証された林産物を選ぶことにより、生物多様性の保全に努めてまいります。

 

(関連情報)

CSR活動報告2019 サステナビリティ|環境|生物多様性

 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm