サステナビリティサステナビリティトップへ

2020年10月29日

「日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)」の賛助会員に加盟


 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:高原豪久)は、2020年10月15日に持続可能な脱炭素社会の実現を目指す企業グループ「日本気候リーダーズ・パートナーシップ(以下「JCLP)」に賛助会員として加盟しました。


■本件の背景

 当社は2020年10月22日に中長期ESG目標「Kyo-sei Life Vision 2030 ~For a Diverse, Inclusive, and Sustainable World~ (以下、Kyo-sei Life Vision 2030)」を発表しました。 このKyo-sei Life Vision 2030では、衛生的で便利な商品・サービスの提供と、地球環境をより良くする活動への貢献を両立することを目指し、「2030年までに事業展開に用いる全ての電力を再生可能電力に切り替える」という目標を設定しました。当社は80以上の国・地域で事業を展開しており、2030年に再生可能電力比率100%を目指すには、様々な課題を解決する必要があると考えております。

 以上を踏まえて、このたび持続可能な脱炭素社会の実現を目指す企業グループである「日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)」に加盟することとしました。賛助会員として、各種の講習や勉強会、イベントに参加し、加盟企業様との意見交換など行いながら、目標達成に向けた知見の獲得を目指します。

 JCLP加盟を通じて、自社内のさまざまな事業活動に伴うCO₂排出量の削減に努めるとともに、プロダクトライフサイクル全体の排出量抑制にも積極的に働きかけ、脱炭素社会の実現と持続可能な経済発展に寄与してまいります。


■日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)とは

 「持続可能な脱炭素社会の実現には産業界が健全な危機感を持ち、積極的な行動を開始すべきである」という認識の下、2009年に発足した日本独自の企業グループです。脱炭素を経済活動の前提と捉え、脱炭素社会が実現することを目指しています。


 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm