サステナビリティサステナビリティトップへ

01
 

基本的な考え方・方針

世界一の高齢社会、日本。2007年には65歳以上の人口が21%を超え、「超高齢社会」に突入しています。医療の発展により平均寿命が長くなり、心身ともに自立し、健康的に生活できる期間である「健康寿命」への関心がいっそう高まってきています。年齢を重ねても、その人がその人らしく、豊かな社会生活を送ることは、誰もが願うことです。そのために、軽度の尿もれ用パッド、リハビリパンツなどを使った排泄ケアを通じて、活動的な生活をサポートし、健康寿命の延伸に貢献することはユニ・チャームの使命です。

SDGsへの貢献

当社の取り組みは、国連 持続可能な開発目標(SDGs)の以下の目標にも合致すると考えます。自社の強みを活かし、世界共通の課題解決に向けてより一層貢献していきます。

ソーシャル・インパクト
『ソーシャル・ウォーキング®』参加人数

取り組みの背景

高齢となっても介護の手を借りず、心身ともに自立して、健康的に生活できる期間「健康寿命」。高齢化が加速度的に進む一方、65歳以上の就業人口も増加し、年齢を重ねても介護が必要な状態にならないために運動に取り組むなど、健康を維持して、いつまでも自分らしく、いきいきと生活したいという意識が高まっています。

加齢にともなう老化現象(老年症候群)の中でも、尿もれなどの排泄トラブルは、メンタル面に大きな影響を与えます。尿もれの心配があると、外出を控えがちになり、運動不足になったり、社会との関わりが薄くなったりと悪い影響をもたらします。

適切なケアをすることで、それまで通りの活動的な生活ができることを広く知っていただき、よりよい商品を提供することは、健康寿命延伸への重要な鍵になると捉え、取り組みを続けています。

ユニ・チャームの取り組み

ライフリー「ソーシャル・ウォーキング®」で健康寿命の延伸に貢献

団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上となる2025年。医療・介護の現場では「2025年問題」として問題視されています。世界が未だ経験したことのない超高齢社会にあって、要介護となる原因の第1位になると予測されているのが認知症です。

認知症の予防には、運動習慣やバランスのよい食事の「生理的アプローチ」と、趣味やボランティア、近所づきあいなどを通して人と関わる「認知的アプローチ」の両面からのアプローチがよいとされています。尿もれなど、排泄トラブルがあると、家に閉じこもりがちになり、「認知的アプローチ」が取りにくくなり、認知症にもつながってしまいます。

当社では、排泄トラブルがあっても、積極的に外出できるよう、排泄ケア商品を通して、健康寿命の延伸に寄与してきましたが、そういった商品を使用しながら、運動と社会参加を促し、認知症予防に役立つ取り組みとして、ライフリー 「ソーシャル・ウォーキング」を開催しています。

「ソーシャル・ウォーキング」とは、「社会参加&歩行」の造語で、人と関わり、楽しみながら歩くことで、参加しやすい形にした認知症予防のためのウォーキング。人と接することはもちろん、ボランティア活動や地域活動なども視野に、ウォーキングに社会参加という目的をもたせたプログラムです。

2018年度には、全日本ノルディック・ウォーク連盟と協力してソーシャル・ウォーキングの体験会を17回開催。700名を超える参加者がありました。2019年度にも継続して実施していきます。また、ソーシャル・ウォーキングをさらに広めるため、全国から自治体を募って「ソーシャル・ウォーキング講演会プログラム」を実施していく予定です。

葛西臨海公園で、ライフリー「ソーシャル・ウォーキング®」体験会を開催

2018年11月4日(日)に東京都 葛西臨海公園・葛西海浜公園で、第7回ライフリー「ソーシャル・ウォーキング」を開催し、60名近い方にご参加いただきました。当日は、東京都健康長寿医療センター研究所の藤原氏から認知症のメカニズムに関する講義をいただき、社会参加の一事例として絵本の読み聞かせを主な活動とするNPO法人りぷりんと・ネットワークの方から、絵本を朗読いただきました。当社の排泄ケア研究所からは排泄トラブル発生のメカニズムと、予防と対処法について解説し、手軽に取り組める骨盤底筋体操を体験いただきました。続く実践編では、全日本ノルディック・ウォーク連盟の方に、ポールを使った「ノルディック・ウォーク」の指導をいただくなど、楽しんでソーシャル・ウォーキングに参加していただける内容としました。
開催後のアンケートでは、参加者の93%が、今以上に認知症予防のために、外出して「歩くこと」を意識すると回答されました。

地方独立行政法人
東京都健康長寿医療センター
研究所 研究部長
藤原 佳典 氏
専門家の声

認知症の予防には、人に感謝されるなどの社会貢献活動(ボランティア)も有効となります。社会との絆が広がることによって、皆様自身も社会もハッピーになります。ぜひ、この機会にソーシャル・ウォーキングを始めていただければと思います。

全日本ノルディック・ウォーク連盟 指導員
芝田 竜文 氏
ノルディック・ウォーク専門家の声

普段のウォーキングより効率的に有酸素運動をするには、ポールを使用した「ノルディック・ウォーク」がおすすめ。普通に歩くより1.2~1.3倍のエネルギー消費につながります。各地に、全日本ノルディック・ウォーク連盟がありますのでお気軽にお声がけよろしくお願いします。

参加者の声(一部ご紹介)

・私にどんな社会参加ができるか不安でしたが人の役に立つことを探してみます。(70代 女性)

・近所に住んでいますが、歩き方や園内の見どころを教えていただき新鮮でした。(60代 男性)

・認知症が不安だが、症状が遅らせられるよう、友達ともっと外出を心がけたい。(60代 女性)

小売企業で初めてとなる「ソーシャル・ウォーキング®」体験会を実施

2018年11月、静岡県掛川市で、小売企業で初めてとなる杏林堂薬局主催の認知症予防「ソーシャル・ウォーキング」体験会を実施しました。
今回の「ソーシャル・ウォーキング」体験会には、掛川市民51人に参加いただき、認知症予防に関する講座、尿もれ改善に効果的なトレーニングを取り入れた準備体操の後、爽やかな秋空の下ポールを使い正しい姿勢で効率的に有酸素運動を可能としたウォーキングを体験されました。ご家族や参加者同士で楽しまれた後のアンケートでは、参加いただいた全員の方から「満足した」とのお声をいただきました。

参加者の声(一部ご紹介)

・定期的に年何回かこのようなイベントをしてくださればありがたいです。(72歳 男性)

・仲間と一緒に取り組めば楽しく進めていけると思います。(68歳 女性)

杏林堂薬局 担当者の声

今回、弊社主催で初めての「ソーシャル・ウォーキング」体験会を、多くの掛川市民のお客様と実施できたことを嬉しく感じます。現在、運動するきっかけがなく一歩が踏み出せない方もいますので、そのような方にも楽しく参加していただき、運動のきっかけづくりになれば嬉しいです。今後もこのような健康運動イベントを取り入れ、地域の健康維持・増進への貢献につなげていきたいと思います。
(杏林堂薬局 健康・医療ネットワーク推進室 スポーツ事業 相羽 里咲 氏)

「脱ぎやすさ」に注目してライフリーパンツを改良

3つの排泄ケアコンセプト

何もかも手を貸して世話する介護から、自分でできることは可能な限り自分で行い、その人らしく自立して生活していける介護へ、介護の概念は変化してきています。

人の手を借りなくてもはきやすい仕様、すきまもれゼロなど、ライフリーはこれまで、ご本人が簡単に交換できることをテーマにはく工程に着目して改良を重ねてきました。消費者観察と研究の結果、脱ぐ工程にも多くの介助が必要なことが分かってきました。

理由は、パンツを脱ぐとき高齢者は腰を曲げにくいこと、前傾姿勢になることで転倒の不安があること、汚物が付着しやすくなることなど、多くの負荷がかかるためです。

そこで、パンツの両脇に特許技術である特殊なステッチを採用し、はくときには適度に伸びてはきやすく、使用中の強度は保ちながら、従来品の2分の1の力で楽に破れるようにしました。

ベビー用紙おむつでは当たり前の“脇破り”は、大人用では認知度が低く、実施率も低いのが現状です。これは、本人には難しいと思われていること、介護者が脱がせて交換した方が早いこと、ご本人の力ではできなかったことなどが理由でした。そのため、新製品ではパッケージに「ご本人でもサッと脱げる」ことを表示。テレビCM等でも、ご自身でスルッとはけてサッと脱げることを伝え、自立排泄を促す新しい習慣の浸透を図っていきます。

できるだけ人の手を借りず、自立した排泄ケアができることは、ご本人の尊厳に関わるデリケートな部分です。はくことから脱ぐことまで、全てご自分でできることで、自立を助け、いつまでもその人らしく生きることを応援し、健康寿命の延伸へとつなげていきます。

担当者の声
ユニ・チャーム株式会社
グローバルヘルスケア事業本部
ブランドマネージャー代理
松田 優子

ヘルスケアを担当する以前は、ベビーケアを担当していました。ベビーの場合、誕生から3歳頃までの成長の過程は比較的平均的ですが、ヘルスケアは高齢者が対象であるため、年齢や体型、尿もれが始まるタイミングなど、ケアの過程は千差万別です。それ故、難しくはありますが、挑戦しがいがあると感じています。尿もれがあっても適切なケアができれば、外出にも前向きになり、尿もれ前と同じ生活を続けられます。紙おむつも、介護者の手を借りずに交換ができれば、ご本人の自立をさらに助けることができます。将来、自分が使いたいと思えるものを作っていきたいと思いますし、それが社会に貢献することにもつながります。ヘルスケアに関われることをとても嬉しく思っています。

人とペットの共生社会の実現に向けて

ユニ・チャームは、いつまでもその人らしく、いきいきとした生活ができるよう、高齢者のQOL(Quality of Life/生活の質)向上に取り組んできました。同時に、ペットフード、ペット用介護用品など、ペット用品の開発・販売を通じて、ペットを取り巻く環境の向上にも取り組んできました。人とペットの双方が幸せに共生することは、当社の願いの一つです。

動物と触れ合うとき、多くの人は笑顔になり、癒やしを感じることができます。そればかりでなく、介護を受けている高齢者がペットと触れ合うことは、高齢者の自立を促し、QOLを向上させる可能性があります。高齢者施設において、動物との触れ合いを進めることで、ベッドから起き上がろうとしなかった高齢者の割合が大きく減って、笑顔での会話が増えたという結果も見られます。一方、人と触れ合うことで、動物にもよい影響をもたらすことができるはずです。「人とペットの共生社会」を目指し、人と動物が互いによい影響を及ぼしていることを明らかにするための取り組みを進めています。

アニマルセラピーで人と動物の「快」を追求

アニマルセラピーとは、動物と触れ合うことでストレスを軽減して安心感を与えるなど、精神的によい効果をもたらして健康を回復させる療法のこと。当社では、高齢者施設、病院、学校などを訪問して、アニマルセラピーを実施しているJAHA(公益社団法人日本動物病院協会)の協力の下、人と動物との触れ合いがもたらす「快」の効果について、科学的に分析する活動を始めました。

2018年にはJAHAが特別養護老人ホームで開催したアニマルセラピーに同行。参加者である高齢者の皆様の協力をいただき、セラピー実施前と実施後に唾液を採取して、ホルモン分泌を測定する他、心拍センサーで自律神経機能を評価しました。また、セラピー実施中にはビデオ撮影を行い、笑顔の回数など、表情を測定しました。

その結果、幸せホルモンが増加したり、リラックスしている状況を示す心拍の変動、笑顔の回数が増加していることが確認できました。セラピー犬との触れ合いによって、喜びや幸せを感じていることが科学的に証明できたのです。

同時に、セラピー犬に対しても、ホルモンの変化や心拍の変動を測定しました。その結果、多くのセラピー犬に、幸せホルモンが増加していることが明らかになり、人だけではなく、セラピー犬も人と触れ合うことで気分が高揚し、喜びを感じていることが分かりました。

さらに、2018年11月には、犬と一緒にウォーキングすることによる、飼い主と犬、双方のホルモン分泌、心拍数の変化を測定しました。約2kmの距離を一緒にウォーキングすることで、多くの人と犬に、喜びを感じていることを示すホルモンが増加していることを確認することができました。

他にもペットフードやペット医療の充実によりペットの平均寿命は延び、高齢となったペットに介護が必要になる事例も増えていることから、当社はペットの介護用マットや通気性のよいペットシート、衛生用品などを開発、販売しています。

人とペット双方が快く共存する社会を目指して、これからも開発や検証を続けていきます。

アニマルセラピーの様子
高齢犬と開発者
担当者の声
ユニ・チャーム株式会社
CSR本部 CSV推進グループ
熱田 靖

私は以前、ユニ・チャーム排泄ケア研究所で高齢者の排泄について研究していましたが、ペットケアも事業としているユニ・チャームとして、高齢者のことだけではなく、ペット自身の幸福についても考えたいと思い、この研究を始めました。

高齢社会の一層の進展に伴い、子育てを終えた人がペットを飼い始める傾向があり、高齢者とペットの関わりは一層強くなっています。「人とペットの共生社会の実現」は当社の目標の一つですが、人とペットが共に生きることの価値を見つけて証明すること、そしてそれを社会に伝えていくことが私の目標です。

人もペットも高齢化の時代です。高齢者向け、ペット向け、双方の商品を手掛ける当社だからこそ、商品を通じて社会に貢献することはもちろんですが、人とペット、どちらのQOL(Quality of Life/生活の質)も上げていきたい。人もペットも、幸せな気持ちで共に長生きできるよう、取り組んでいきたいと思っています。

 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm