サステナビリティサステナビリティトップへ

04 地域社会への貢献
 

基本的な考え方・方針

社会が抱える課題を本業で解決することがユニ・チャームのCSR。世界規模、地球規模での貢献はもちろん、ユニ・チャームの企業活動とつながりの深い地域で、その地域が抱える課題に真摯に向き合い、企業市民として、当社らしさを活かした貢献をしていきます。

また、突然の災害などで社会が困難な状況にあるときは、被災された皆様の心や体をサポートできるよう、少しでもお力になりたいと考えています。2011年3月11日に発生した東日本大震災により、甚大な被害が発生し多くの方々が被災されました。2018年には西日本を中心に全国的な規模で、集中豪雨による被害がありました。被災された方々に心よりお見舞いを申し上げますとともに、被災地の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。当社は、東日本大震災直後より物資を支援し、また社員参加による震災義援金「マッチングファンド」を活用した被災地支援活動を継続しています。今後もこれらの活動を通じて、地域の皆様との交流を深め地域社会に貢献してまいります。

SDGsへの貢献

当社の取り組みは、国連 持続可能な開発目標(SDGs)の以下の目標にも合致すると考えます。自社の強みを活かし、世界共通の課題解決に向けてより一層貢献していきます。

ソーシャル・インパクト
被災地継続支援活動「スーパークールビズ/ウォームビズ」参加人数
*2011年はスーパークールビズのみの実施

ユニ・チャームの取り組み

被災地支援の取り組み

被災地支援と節電活動を組み合わせたマッチングファンドを継続

「被災地への継続的な支援」と「節電推進」を目的に創設した「マッチングファンド」と「スーパークールビズ/ウォームビズ」活動も8年目を迎えました。この取り組みは、就業中に着用できるオリジナルのポロシャツ、ジャンパーなどを社内で販売し、その購入代金相当額と同額を「マッチングファンド」として被災地へ支援する取り組みです。これまでに、「マッチングファンド」より拠出した費用で、災害時の被災地への義援金・物資の支援を行った他、被災地の施設・病院などへ介護用品を寄贈し、介護の現場でご利用者様のQOL(Quality of Life/生活の質)の向上に役立てられています。2016年からは、震災遺児の進学の夢をかなえる「みちのく未来基金」への寄付を継続しています。今後も社員とともに被災地支援活動・節電活動を推進していきます。

商品の購入を通じて被災地を応援
大槌復興刺し子プロジェクト
「くるみボタン」

被災した地域の商品を購入することによる、消費拡大を通じても被災地を応援していきたいと考え、2018年は、福島県楢葉町で活動する“わらじ組”の手作り布ぞうり「narahato」、岩手県大槌町で活動する大槌復興刺し子プロジェクトの「くるみボタン」、熊本地震で被災した工場で刺繍を施したポロシャツを「スーパークールビズ/ウォームビズ」で販売し、マッチングファンドの対象としました。
手作り布ぞうり「narahato」は、福島県楢葉町の“わらじ組”の皆さんが、東日本大震災後の避難先である南会津で教わったわらぞうり作りを応用して全国から寄付される古着の綿Tシャツを素材に丁寧に編み上げています。「narahato」のブランド名には「布ぞうりを通じて、楢葉町とのさまざまなつながりを購入いただいた方、一人ひとりに感じてほしい」との思いが込められています。

“わらじ組“の皆さまからのコメント
布ぞうり「narahato」
“わらじ組“の皆さま

福島県楢葉町の工房に、週1~2回集まって、みんなでわいわいと作っています。メンバーは約10名。避難先だった会津美里町の仮設住宅で知り合ったメンバーに加え、楢葉町に戻ってから加わったメンバーもいます。布ぞうりを通じてつながった縁です。自分たちでモノを作り出すことが、日々の生きがいや住民同士の交流につながっています。布ぞうりは、一つひとつすべて手づくり。素材はリサイクルしたTシャツです。同じものは二度と作れない、一点物です。

「平成30年7月豪雨」被災地への支援

支援物資を積み込むトラック

平成30年7月豪雨災害の被災地での救援や復興に役立てていただくための義援金として、日本赤十字社を通じて500万円、被災された自治体に向けて500万円、合計1000万円を寄付いたしました。この義援金も、社員参加による災害義援金「マッチングファンド」より拠出されました。また、緊急支援物資として、ベビー用紙おむつ、大人用紙おむつ、生理用品、ウエットティッシュ、大人用ウエットティッシュ、ペットフード、ペット用品など被災地へ提供しました。

他にも、被災されたお取引先小売業様の店舗に近隣の中国・四国支店営業員や少し離れた近畿・九州支店の新入社員が手弁当で応援に駆け付け、約1カ月間のべ31店舗で営業再開に向けた復興のお手伝いを実施しました。道路が寸断され徒歩でしか行けない店舗もありましたが、お役に立ちたい一心で被災された店舗に向かいました。泥土の除去や浸水した商品の片付けに加え、お客様にとって見やすく買いやすい売り場を再構築するなど店頭や商品を熟知しているからこそできる支援もあり、小売店様のお役に立てたことが嬉しかったという感想が参加した社員から聞かれました。

赤ちゃん、女性、シニアもペットも 災害へ備える衛生情報「マイスタイル防災」を公開

日本では近年、東日本大震災における地震・津波の被害に加え、豪雨や大雪、竜巻などの災害が多く発生しています。こうした災害発生時に、ご自身やご家族、ペットが直面する衛生上のリスクを減らすため、体験談に基づいた“災害時に起こる課題”から、さまざまな家庭環境を想定した「マイスタイル防災」を、NPO法人ママプラグに監修いただき2019年2月よりホームページで公開しています。
「マイスタイル防災」では、①全ての人に必要な防災、②赤ちゃんに必要な防災、③女性に必要な防災、④シニアに必要な防災、⑤在宅介護をしている方に必要な防災、⑥ペットに必要な防災、の衛生情報を紹介しています。
非常時にも普段の生活で使い慣れたものを使用しながら衛生的に過ごせるコツを紹介していますので、ぜひご覧ください。

  • その他の取り組みについては、地域社会もご覧ください
 

このページの上部へ

Copyright© Unicharm Corporation

unicharm