Members社員紹介

営業企画営業企画

Introduction

「少数精鋭で、若手にも大きな裁量権がありそうだ」。就職活動中に感じたその印象は間違っていませんでした。入社7年目で国内ベビーケア事業の販売戦略を担う立場に就き、大きなプレッシャーとやりがいを日々感じています。とても忙しい日々ですが、それでも、たまに学生時代の友人と会って仕事の話をしていると、私は自分の会社が好きなんだなと実感します。この年齢で任せてもらっている仕事内容、共感できる会社のビジョン、グローバル市場での高い成長性。どれもがユニ・チャームで働くモチベーションになっています。もちろん、ときには悩み、壁にぶつかり、自信を失いそうになることもありますが、とにかく、がむしゃらにやりきるしかないという気持ちです。それでも私がこうして仕事を続けているのも、周りに悩みを共有したり、助けてくれたりする先輩や仲間がいるから。そんな中、日々成長を感じていられるから。そして何より、この仕事が好きだからです。この先もずっと、私はユニ・チャームで働きたいと考えています。

入社のきっかけは?

やりがいや夢を語る先輩たちのかっこいい姿。

「ユニ・チャームっていい会社だから受けてみれば?」。この会社に興味を持ったのは、そんなふうに大学の先輩からすすめられたことがきっかけでした。男性からすると遠い存在である商品を取り扱っている会社ではありますが、特にためらう理由にはなりませんでしたね。むしろ男性にとってわからない商品だからこそ、客観的でしっかりと分析データに基づいた提案型の営業ができるのでは、と考えていました。入社の決め手は、就職活動生の頃にセミナーで会ったユニ・チャーム社員がみな、はっきりとやりがいや将来の夢を語ってくれたことです。就職活動では100社以上を受けて、すべての会社で「仕事のやりがいや夢」を社員の方々に問いかけてきました。その中でいちばん、ユニ・チャームの先輩方が明確に、そして丁寧に答えてくれたんです。自分なりの夢やプランを持って働いている先輩方の姿は、素直にかっこいいと思えましたね。

現在の仕事内容は?

国内ベビーケア事業の販売戦略を立案。

国内ベビーケア事業の販売戦略と実行プランの立案を行っています。市場で販売されている既存商品に加え、これから発売される新商品もあわせて、いつ、どの商品を、どこで、どのようにして売っていくのか、というベビーケア商品の戦略立案全般が仕事です。ベビーケア商品のマーケティング戦略を、具体的なチャネル戦略に落とし込み、年間、半期、月次、週次、と細かな販売プランを立案します。私たちの立案したプランは全国の営業メンバーの売上計画や行動計画に落とし込まれます。また、当社の営業組織の特徴としては、営業企画が立てた販売戦略をスピードをもって共有するために、毎週決まった曜日に全国の営業メンバーに対してテレビ会議を使って情報発信し、すぐに現場の営業活動に活かすという仕組みがあることです。 普段は商品戦略を担うマーケティング部門や、全国の営業メンバーと連携をとりながら仕事を進めていますが、販売戦略担当は私ひとり。「国内ベビーケア事業全て」という巨額の数字を任されているわけですから、非常に大きなプレッシャーを日々感じています。ただ、それがやりがいにつながっているのも事実です。なにしろ事業全体を見渡せるポジション。営業現場にいたときには見えなかった新しい視点に、日々気づかされています。

これまでの仕事で印象深いものは?

得意先の売上げに貢献し、営業マンとして認められる喜び。

入社2年目、九州支店で営業として働いていたときのことです。私は担当小売店において、今後市場の成長が見込める介護用おむつカテゴリーの売上拡大に貢献するために、実験的なプランを提案しました。お店で働くパート・アルバイトの方々に、介護用おむつについて学んでいただく場を作ったのです。お客様にとってはベビーおむつや生理用品に比べると、介護用おむつは商品知識も無く、選び方や使い方もよくわからない商品です。それは店舗スタッフにとっても同じ。だからこそ、介護用おむつの商品特性をきちんと理解し、接客につなげる仕組みが必要だったのです。店舗スタッフの方が商品知識を見につけ、自信をもって接客ができるようになると、やがてその店舗のリピーターが増え、そのお客様が他の商品も買ってくれるようになり、ロイヤルカスタマー化します。時間も手間もかかる方法でしたが、店舗スタッフの方々が商品知識を身に付けると、売り場も活性化し、結果的に売上拡大に大きく貢献することができました。「いっしょに仕事ができてよかった。今後もよろしく頼むよ」。お得意先様の経営幹部の方にそのようなお言葉をいただけたときは、営業として認めてもらえたんだと、この上ない喜びを感じましたね。

仕事をするうえでのポリシーは?

成果というゴールのために、いまやるべきことを考える。

「ものごとを時間軸で考えろ」。これは、ある先輩が口癖のように言っていた言葉です。その先輩には、自分にはなかった思考法や仕事の進め方をずいぶん教わりました。その中でも特に印象に残り、常に心がけるようにしているのが、ものごとを時間軸で考える手法です。たとえば1年後に新商品を発売することが決定したとします。そのとき、今やっている仕事を積み重ねてゴールに向かうのではなく、最初にゴールを設定しておいて、そこから逆算してやるべきことを考えるのです。1年後に成果を出すためには、いつまでに何をしておかなければいけないのか、そのためにはどの部門、誰と課題を討議すべきなのか、必要な資料はいつ作成するのか。そうやって逆算していくと、来週やるべきこと、明日やるべきこと、今やるべきことがすべて導き出されるはずです。この考え方は日々の仕事だけでなく、自分の夢やビジョンを達成するためにも共通している思考だと言えますね。

社員の声

  • 売上目標、数十億円。その大きさは、世の中への 影響度でもある。
  • ペットケア市場の拡大が、ペットと飼い主の 幸せな時間につながる。
  • 提案しているのは、高齢者の尊厳を 守るしくみ。
  • 国内主力事業の販売戦略を担う プレッシャーとやりがい。
  • これまでにない商品アイデアで、介護の現場を明るくする。
  • しゃべれない犬や猫の健康は、人がとことんまで、考え抜く。
  • 最新設備のコンセプトをつくり、世界中で工場を立ち上げていく。
  • 世界中に製品を供給する工場を守り、支える守護神。
  • 新商品のアイデアは、市場の中に無限に眠っている。
  • 世界中の女性のくらしを、より快適なものに変えていく。
  • アラブ諸国のベビーとママに、もっとやさしい毎日を。
  • 「答えは"現場"にある」徹底的に現場を知り尽くす。それが私の使命。

スペシャル対談

  • ASEAN市場開拓
  • ものづくりの流儀
  • 海外市場のダイナミズム
  • 顧客密着からうまれるイノベーション
  • “攻め”の知財×法務
  • ユニ・チャーム独自の教育

閉じる