Product Story開発秘話

ペットケア2011

オス用おしっこオムツ

顧客密着がニーズを発掘する。

オス犬の失禁やマーキングで悩む飼い主へ。
愛犬と快適に過ごせる時間を創出。

「ペット用紙おむつは高齢犬のためのもの。」という常識の中、新たな切り口から誕生したのが『オス用おしっこオムツ』です。この商品が発売されるまでは、ペット用紙おむつはオス・メス兼用でした。しかしオス犬の場合、性器の位置が人間でいうおへそ辺りにあり、製品の長さが足りずに「漏れ」が発生することが多く、「オス犬に合うおむつが無い。」という問題がありました。
オス犬の失禁に関する調査を進めていくうちに、紙おむつの使用用途は介護だけでは無く、「マーキング※対策」として使う方も非常に多いということが新たに分かりました。しかしその大半の方は、なかなか合う紙おむつが見つからず、「漏れない」・「犬が嫌がらない」紙おむつを探し求めていました。 そこで開発者たちは、お客様の悩みに応えるべく、「オス犬でも漏れない、嫌がらない紙おむつ」というコンセプトを設定し開発をスタートさせました。試作品づくりを重ね、全国でモニター調査を繰り返しました。
元気な犬は活発に動き回るため、なるべく簡単にかつしっかり固定できるように。さらに体格の違うあらゆる犬種に対応させる必要もありました。
何百パターンという試作品づくりと試行錯誤の末に行き着いたのは、「お腹に巻く」というとてもシンプルな形でした。
2011年秋に発売された『オス用おしっこオムツ』。そのネーミングのインパクトと、シンプルで使いやすい形状が話題を呼びヒット。ペット用紙おむつ市場の拡大を牽引する二桁成長を記録しました。愛犬の失禁で悩んでいた飼い主の方から多くの感謝の言葉が寄せられ、飼い主と愛犬の快適な時間を生み出しました。
※自分の縄張りを主張するために、おしっこで臭いづけする行為

オス用おしっこオムツの商品情報
コーポレートサイトへ移動します